阪神のLiviahome(リビアホーム) > 株式会社Liviaのブログ記事一覧 > 賃貸物件のメゾネットとは何?メリット・デメリットやロフトなどとの違いを解説

賃貸物件のメゾネットとは何?メリット・デメリットやロフトなどとの違いを解説

≪ 前へ|神戸市長田区の住みやすさの実態は?交通アクセスや買い物の利便性をチェック!   記事一覧   神戸市長田区の住みやすさの実態は?交通アクセスや買い物の利便性をチェック!|次へ ≫

賃貸物件のメゾネットとは何?メリット・デメリットやロフトなどとの違いを解説

賃貸物件のメゾネットとは何?メリット・デメリットやロフトなどとの違いを解説

賃貸物件情報を見ると「メゾネットタイプ」と記載されている物件を見かけますが、そもそもメゾネットタイプとはどんな物件を指す言葉なのでしょうか。
ここではメゾネットとは何かを説明したうえで、ロフトやテラスハウスとの違いや、メゾネットのメリット・デメリットについても解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

メゾネットタイプ賃貸物件最大のメリットは?ロフト・テラスハウスとの違い

メゾネットタイプの賃貸物件とは、ごく簡単にいえば「ひとつの住戸が2階建てまたはそれ以上の階層で構成されている、戸建てに近い間取りの賃貸物件」のことです。
一般的な賃貸物件は一住戸がフラットなワンフロアで構成されていますが、メゾネットタイプの賃貸物件には住戸内に内階段があり、戸建てに住むような感覚で住めるのが最大の特徴でありメリットです。
住戸内に階段やはしごがある賃貸物件としては「ロフト付き」「テラスハウス」なども挙げられますが、これらとメゾネットタイプには以下のような違いがあります。

●ロフトはあくまで屋根裏部屋・物置という扱いであり居室としては認められず、ロフトの床から天井までの高さは1.4mまでしか認められない
●テラスハウスは戸建てが横に複数連なった形状になっていて隣の家とは壁だけを共有している、いわゆる長屋タイプであるのに対して、メゾネットタイプは集合住宅という扱いになり建物の構造が異なる


ロフトはそもそも部屋が2階にあるわけではなくひとつの階の上部に物置のようなスペースがあるだけ、テラスハウスは集合住宅ではなく戸建て住宅に分類される、という点がメゾネットタイプと大きく異なるというわけです。

メゾネットタイプの賃貸物件にはどんなメリットとデメリットがある?

メゾネットタイプの賃貸物件最大のメリットとして挙げられるのが「戸建て感覚で住むことができる」という点ですが、そのメリットについてもう少し詳しく見ていくと、以下のような感じになります。

●2階部分を子ども部屋にすれば、子どもの足音の大半は1階部分に響くので、他の住戸に迷惑をかけにくい
●1階と2階の両方に窓をもうけられるので採光性も高い
●「1階はリビングなど来客時の応対もできるスペースとして活用し、2階は寝室などのプライベートスペースにする」というような形で居住スペースの使い分けが容易にできる


こうして見るとメゾネットタイプの賃貸物件はメリットだらけのようにも思えますが、もちろんデメリットがないわけではありません。

●階段がある分、ワンフロアの賃貸物件と比べると掃除の手間がかかる
●リビングに内階段がある物件は空調効率が悪くなるリスクがある
●階段があるためバリアフリー仕様は期待できない


このようなデメリットも存在しますので、「デメリットを理解したうえで、それでも戸建て感覚で住めるというメリットが上回ると感じられるか」という点をしっかりと考えましょう。

まとめ

メゾネットタイプの賃貸物件には数多くのメリットがありますがデメリットもありますので、その両方を天秤にかけてメリットが上回ると判断できれば前向きに検討するといいでしょう。
ロフト付き物件やテラスハウスはメゾネットタイプと似たようなものに思えますが、それぞれ明確な違いがありますのでその点も事前に理解しておきましょう。
湊川駅の賃貸物件ならLivia Homeへ!
お客様の暮らしをサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|神戸市長田区の住みやすさの実態は?交通アクセスや買い物の利便性をチェック!   記事一覧   神戸市長田区の住みやすさの実態は?交通アクセスや買い物の利便性をチェック!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る