阪神のLiviahome(リビアホーム) > 株式会社Liviaのブログ記事一覧 > 賃貸に引越したら挨拶は必要?理由や覚えておきたいマナーを紹介

賃貸に引越したら挨拶は必要?理由や覚えておきたいマナーを紹介

≪ 前へ|神戸市兵庫区の防犯情報サイト「ぼうはーとん」について   記事一覧   賃貸住宅を借りるときの「敷金」の役割とは?返金されるコツも紹介|次へ ≫

賃貸に引越したら挨拶は必要?理由や覚えておきたいマナーを紹介

賃貸に引越したら挨拶は必要?理由や覚えておきたいマナーを紹介

引越をしたら、まわりの住人に挨拶へ行くのがマナーとされていますが、賃貸に引越したときでも必要なのでしょうか?
ここから賃貸に引越したときに、挨拶をする理由やしない理由、挨拶のマナーをご紹介します。
地域によって慣習に差がある場合もありますが、一般的な挨拶を心得ているだけでだいぶ違うものです。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸に引越したら挨拶は必要?する理由としない理由

最近では、賃貸に引越したとき、まわりの住人に挨拶へ行かない人が多くなっています。
特に、学生や単身で多いのが「挨拶に行く機会がなかった」や「他人と必要以上に関わりたくない」という理由です。
また「長く付き合うわけでもないし、その度に挨拶をしていられない」という理由もあります。
挨拶に行く人に多いのは「外で会うこともある」や「ゴミ捨てや騒音の問題が起きたときでも大きなトラブルへ発展せずにすむ」という理由です。
さらに、近くにどんな人が住んでいるかを知っておくのは、自分はもちろん、相手も安心できますし、不在にしているときや災害時に、防犯の面で良い面もあります。
引越し先にもよるので、ケース・バイ・ケースですが、生活をしていれば、まわりの住人と接する機会があります。
あとになって気まずいことにならないためにも、特別な理由がなければ、挨拶はしておくようにしましょう。

賃貸への引越したときの挨拶のマナーとは?

挨拶に行くとき、どこに、なんと言って、何をすれば良いのか、最低限のマナーを紹介します。
アパートなどの場合、挨拶に行く先は、住む部屋の上下左右にある部屋です。
住む部屋と隣り合っている部屋には、生活音などが伝わりやすいため、挨拶をしておくことで、騒音のトラブルになりにくくするというメリットがあります。
さらに、オーナーや管理会社など、賃貸に関係する人にも、生活を円滑にするためにも挨拶へ行っておくのがおすすめです。
引越しの挨拶に行くときには、500円から1000円ほどの手土産を持っていくことが多く、お菓子や、洗剤、タオルなどに「御挨拶」の外のしをつけ準備します。
相手に会ったら、手土産と一緒に「○○に引越してきた□□です。よろしくお願いします。」と手短にあいさつをしましょう。
もし、行った先が不在のようであれば、日を改めるか、宅配ボックスなどに挨拶状と手土産と一緒に入れておくこともできます。
挨拶は、引越してから3日以内が良いとされていますが、単身者が多い賃貸などでは、不在のことも多いので、1週間以内を目安に済ませるようにしましょう。
もし、女性の一人暮らしで、そのことを知られたくない場合は、家族や友人と一緒に引越しの挨拶に行くという方法もあります。

まとめ

引越しの挨拶はした方が良いと考えていても、ついつい後回しになってしまったり、相手に迷惑のようにも感じたりして、気づいたら月日が経っていたということもあります。
ご近所づきあいが希薄になってきたと言われていますが、新しい場所での新しい生活をスムーズに始めるためにも、挨拶に行くようにしましょう。
湊川駅の賃貸物件ならLivia Homeへ!
お客様の暮らしをサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|神戸市兵庫区の防犯情報サイト「ぼうはーとん」について   記事一覧   賃貸住宅を借りるときの「敷金」の役割とは?返金されるコツも紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る