阪神のLiviahome(リビアホーム) > 株式会社Liviaのブログ記事一覧 > 賃貸マンションを選ぶなら新築物件がおすすめ!魅力とメリットを解説

賃貸マンションを選ぶなら新築物件がおすすめ!魅力とメリットを解説

≪ 前へ|ペット可賃貸物件の特徴を解説!知っておくべきポイントとは   記事一覧   ペット可賃貸物件の特徴を解説!知っておくべきポイントとは|次へ ≫

賃貸マンションを選ぶなら新築物件がおすすめ!魅力とメリットを解説

賃貸マンションを選ぶなら新築物件がおすすめ!魅力とメリットを解説

賃貸物件を探しているとき、「新築物件」は魅力的ですね。
新築物件とは、築1年未満でまだ誰も入居していない物件をいいます。
実際に新築物件を選んで賃貸契約を結ぶとき、知っておくべきポイントを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新しさが一番の魅力!新築マンションを選ぶメリットとは?

新築物件は人気が高く、募集後すぐに入居者が決まることも多いようです。
どのようなメリットがあるのか、あらためて見ていきましょう。

内装もきれいで設備が最新である
新築物件は、まだ誰も住んだことがない未使用の状態であることが1番のメリットでしょう。
最新の設備が整っているため、機能的にも優れています。

セキュリティが整っている
オートロックやテレビモニター付きのインターフォンなど、セキュリティ設備が充実していて、女性でも安心な物件が増えています。

収納や内装のデザインが新しい
内装や間取り、収納などにも流行が取り入れられていることが多く、ゆったりとした作りになっています。

新築マンションを選ぶ際のポイントとは?築浅物件と比べてどう違う?

新築の賃貸物件を選ぶ際のポイント

賃貸物件を探すには、不動産会社のサイトなどを利用して候補を決めてから、現地でその物件を見るという手順が一般的です。
しかし、新築物件の場合は建築中から賃貸募集が始まることが多いため、内覧することができない場合もあります。
新築物件は人気が高いので、完成後に実物を見てから決めようと思っていると、満室になってしまうこともあります。
完成前の新築物件を選ぶときは、不動産情報に掲載されている間取り図や完成イメージだけでなく、設備なども確認して早めに決めるようにしましょう。

築浅物件とは?新築との違いをチェックして選択肢を広げてみよう

人気の高い新築物件は、家賃も高めに設定されているケースも多いようです。
新築物件を希望していても、"物件数が少ない""家賃が予算より高い"などで、なかなか決まらない場合には、「築浅物件」を検討してはいかがでしょうか。
築浅物件とは、築年数が浅く過去に入居歴がある物件のことをいいます。
築年数に明確な定義はなく、築5年以内と設定しているケースや10年以内としている物件もあります。
新築物件はすべてが新しい分、どうしても家賃が高くなりがちですが、築浅物件であれば、比較的新しい設備ときれいな内装の物件に、割安な家賃で住むことが可能です。
新築物件よりも数が多いので選択肢が多く、思わぬ掘り出し物件が見つかる可能性もあります。

まとめ

新築・築浅物件について解説しました。
新築物件を探すには、普段から情報をこまめにチェックしておくことが必要です。
ポイントをしっかりおさえて、よい物件をみつけてくださいね、
湊川駅の賃貸物件ならLivia Homeへ!
お客様の暮らしをサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ペット可賃貸物件の特徴を解説!知っておくべきポイントとは   記事一覧   ペット可賃貸物件の特徴を解説!知っておくべきポイントとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る