阪神のLiviahome(リビアホーム) > 株式会社Liviaのブログ記事一覧 > 築浅の賃貸物件は魅力が満載!メリットや特徴をご紹介

築浅の賃貸物件は魅力が満載!メリットや特徴をご紹介

≪ 前へ|賃貸物件で更新時に発生する費用とは?更新費用や事務手数料が発生する   記事一覧   賃貸の引っ越しはいつがおすすめ?費用が安くなる時期を狙おう!|次へ ≫

築浅の賃貸物件は魅力が満載!メリットや特徴をご紹介

築浅の賃貸物件は魅力が満載!メリットや特徴をご紹介

賃貸物件へのお引越しをお考えでしたら、多くの方が「できれば新しくて綺麗なところに住みたい」と感じることでしょう。
物件探しをおこなっていると、新築・築浅など、建てられてからあまり年数が経っていない物件を見つけることがありますが、はっきりとした「築浅」の定義をご存じですか?
この記事ではこれから賃貸物件へのお引越しをお考えの方向けに、築浅物件の特徴やメリット、特徴についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

魅力がいっぱい!築浅な賃貸物件の特徴とは?

賃貸物件を不動産会社やネットで調べている際によく見かける「築浅」物件。
この「築浅」は、はっきりとした年数が決まっているわけではなく、建てられて3年以内や5年以内など、掲載する不動産会社によっても記述が違うことがあります。
「新築」の場合は、建物が完成して1年以内かつまだ誰も住んだことがない物件、と定められていますが、その後1年でも誰かが居住した場合には「築浅」と呼ばれる様になります。
一般的に築浅と呼ばれる賃貸物件は築1年から10年と言われることが多く、設備や外観などが綺麗な状態の物件が多いです。
よく新築のほうが家賃高めのイメージを持たれる方が多いのですが、新築と築浅は家賃がそう変わらないことも多い特徴があります。

築浅の賃貸物件に住むメリットと魅力

これから築浅の賃貸物件にすむ最大のメリットは、やはり「綺麗な状態の物件に住める」という点でしょう。
築年数があまり経過していない物件は、外観や内観が綺麗な状態の物件が多く、付属されるエアコンやキッチン、バスルームなど新しい設備で揃っている場合が多いため、綺麗な物件に魅力を感じている方におすすめです。
さらに、築浅物件はモニター付きインターフォンや防犯カメラ、IHクッキングヒーターなど、古い物件には付いていない設備が搭載されているケースもあり、最新機能を搭載した設備を使いたい方にもおすすめです。
もちろん新築物件のほうが新しく、誰も使っていない未使用の設備を使えるメリットがありますが、居住後に建物の欠陥が見つかったり、シックハウス症候群になったりする可能性があります。
1度誰かが居住すると、物件の問題点などが解決されている場合がありますので、築浅では快適で新しめの物件に住める魅力があります。

まとめ

賃貸物件で「築浅」と記載されている物件は、建築後1年から10年以内の築年数で、はっきり「何年以内」という決まりがない特徴があります。
築浅物件は綺麗で最新の設備が使えるメリットがあるため、新しい物件で快適に住みたい方におすすめです。
湊川駅の賃貸物件ならLivia Homeへ!
お客様の暮らしをサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件で更新時に発生する費用とは?更新費用や事務手数料が発生する   記事一覧   賃貸の引っ越しはいつがおすすめ?費用が安くなる時期を狙おう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る