阪神のLiviahome(リビアホーム) > 株式会社Liviaのブログ記事一覧 > 生活保護受給者の賃貸物件の探し方や住宅扶助制度について

生活保護受給者の賃貸物件の探し方や住宅扶助制度について

≪ 前へ|ペット可賃貸物件の特徴を解説!知っておくべきポイントとは   記事一覧   神戸市兵庫区の防犯情報サイト「ぼうはーとん」について|次へ ≫

生活保護受給者の賃貸物件の探し方や住宅扶助制度について

生活保護受給者の賃貸物件の探し方や住宅扶助制度について

何らかの事情で生活保護を受給している方もいるでしょう。
今回は、住宅扶助制度や生活保護受給者の賃貸物件の探し方について解説します。
具体的な金額や相談窓口などをまとめてみました。

弊社へのお問い合わせはこちら

生活保護受給者の住宅扶助制度を利用した賃貸物件の探し方

生活保護受給者は、住宅扶助制度を利用可能です。
住宅扶助制度とは、困窮のため最低限度の生活を維持できない方に対して、家賃・間代・地代・補修費といった住宅維持費を給付するものです。
給付金額は、各地域によって定められています。
たとえば、2020年4月時点での東京における住宅扶助の限度額は以下の通りです。

●1級地にて単身世帯:5万3,700円
●1級地にて2人世帯:6万4,000円
●2級地にて単身世帯:4万5,000円
●2級地にて2人世帯:5万4,000円
●3級地にて単身世帯:4万900円
●3級地にて2人世帯:4万9,000円


そして、大阪の場合は以下の通りです。

●1級地にて単身世帯:3万9,000円
●1級地にて2人世帯:4万7,000円
●2級地にて単身世帯:3万8,000円
●2級地にて2人世帯:4万6,000円
●3級地にて単身世帯:2万9,000円
●3級地にて2人世帯:3万5,000円


東京は地方より給付金額が高く、同じ都道府県内でも金額差があります。
さらに、条件に当てはまれば特別加算分が計上されることもあるのでよく確認するとよいでしょう。
なお、住宅扶助で支給されるのは家賃・間代・地代・補修費といった住宅維持費のみで、共益費や光熱費などは対象外です。
住宅扶助金額を超える家賃の物件に住んでも、それを理由にして制度を利用できなくなることはありませんが、あまりにも家賃が高い物件を選ぶと、生活保護受給の妥当性を疑われる可能性があります。
場合によっては転居指導を受けかねないので、十分配慮したほうがよいでしょう。

生活保護受給者が賃貸物件を借りるときの探し方

生活保護を受けていると、家主から懸念されることもあるかもしれません。
しかし、時間や人員に余裕のある大手フランチャイズ系の不動産会社を利用するとよい賃貸物件を借りることも可能でしょう。
まず、生活保護を受けている旨を伝えて借りる交渉をしましょう。
ほかには、「生活保護」を条件にして物件検索サイトで探す方法も有効です。
ヒットした賃貸物件は家主への交渉が容易だったり比較的スムーズに話を進められたりします。
もし、該当する賃貸物件がなければ、「保証人不要」「高齢者」「外国人」といったキーワードでも検索してみてください。
交渉の余地があるかもしれません。

まとめ

今回は、住宅扶助制度や賃貸物件を探すときのコツについて解説しました。
賃貸物件の探し方は、ケースワーカーに相談してアドバイスをもらうとよいでしょう。
まずは一人で抱え込まないことが大切です。
湊川駅の賃貸物件ならLivia Homeへ!
お客様の暮らしをサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ペット可賃貸物件の特徴を解説!知っておくべきポイントとは   記事一覧   神戸市兵庫区の防犯情報サイト「ぼうはーとん」について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る